ステンドグラスのある日日(ヒビ)

ステンドグラスのある日日はステキだ!ステンドグラスがもっと身近になることを祈りつつ、ステンドグラスやガラスの未来を明るく楽しく考えるブログ。

「ステンドグラスのようでステンドグラスじゃない」の件

このブログはステンドグラスに関連したものを紹介しています。 通常ステンドグラス はガラスを使うことを前提としていますが、ガラスを使わなくても「ステンドグラスっぽいもの」を作ることができます。 今回はそんな「ステンドグラスのようでステンドグラス…

「魚石」の件

みなさんは「魚石」をご存知ですか? 安土の懐石をいただける滋賀の「魚石」さんでも、新潟の完全予約制の割烹「魚石」さんでもありません。 「魚石」とは、いわゆる民話や昔話、伝承といった類いの「お話し」です。 なのでこれが唯一の正しいお話しというも…

「ステンドグラスの語源はそもそも、、、」の件

ステンドグラスは英語にするとstained glassとなります。 「glass」は分かりますが、「stained」はどういう意味なんでしょうか。 「stained」は受動態なので普通の動詞に戻すと「stain」です。 「stain」は「シミや汚れ、汚損、染料、染色、染色剤、(名声や…

「日本伝統 × ステンドグラス 〜花札編〜」の件

日本の伝統的・文化的なデザインとステンドグラスを掛け合わせたらどうなるのかを検証していくシリーズ。 今回は「花札」です。 花札のデザインの特徴といえば、 ・輪郭が黒線で描かれている ・シンプルに簡素化されたデザイン ・そのデザインはデフォルメさ…

「ステンドグラスを作る工程はビジネスの進め方にも通じる!」の件

みなさんはステンドグラスを作るとき、どのように作り始めますか? 闇雲にいきなりガラスをカットし始める人はいないですよね。 まずはどんな図柄にするのか設計図をキッチリ書いて、どこにどんなガラスを使うか、ケイムを使うのかコッパーフォイルを使うの…

「ステンドグラスに和名をつけるとしたら」の件

日本にステンドグラスが入ってきて約150年以上。 当時からカタカナのステンドグラス(ステインドグラスの表記もあり)の名前が使われていました。 もちろん今でもそのままで通用する言葉ですが、あえて和名を考えてみます。 考え方として強引に読ませるよう…

「ステンドグラスの統計資料がほとんどない」の件

こうしてステンドグラスについてのブログを書いていると、何かとステンドグラスについて調べることが多くなります。 しかし検索しても、きちんとまとまった形でのステンドグラスの統計資料となるとまったくと言っていいほどないのです。 ガラスに関する資料…

「ステンドグラスの使い道 応用編 part1」の件

みなさんはステンドグラスをどのように使っていますか? 窓やライトカバー、オシャレな置き物としてだけ使っていませんか? 実はステンドグラスは他にもたくさんの使い道があるのです。 今回は「ステンドグラスの使い道 応用編 part1」をご紹介いたします。 …

「風鈴の音色は美しい」の件

以前の「夏の風鈴はなぜ涼しく感じる?」では風鈴の音色について書かせていただきました。www.stained-by-me.com そこで今回はガラス製の風鈴のいろんな魅力について取り上げて見たいと思います。 やはりガラス製の風鈴といえば江戸風鈴がその代表格です。 …

「ステンドグラスをカバーする」の件

「ステンドグラスをカバーする」というのは、何も補強や保護のためにガラスを二枚重ねにしたりすることではありません。 今回のこの「カバー」というのは、音楽でいう「楽曲をカバーする」という時の「カバー」のことです。 音楽の世界ではカバーは珍しくな…

「ステンドグラスに作者のサインってある?」の件

絵画や版画、彫刻など、美術作品には作者のサインが入っていることが多いですね。 でもステンドグラスには作者のサインの入った作品は、あまり見かけません。 ステンドグラスに使用するガラス自体にメーカー名のサインが入っているものならあります。 オセア…

「ステンドグラスと相性が良いデザインを探すシリーズ 〜肉〜」の件

ステンドグラスの特徴の一つにケイムという線があります。 デザインの境界線やガラスとガラスの間を鉛や真鍮、ハンダなどの線で表現するものです。 このケイムの使い方でステンドグラスは上品にも野暮ったくもなってしまいます。 止むを得ずガラスのカットが…

「ステンドグラスと相性が良いデザインを探すシリーズ 〜地図〜」の件

ステンドグラスの特徴の一つにケイムという線があります。 デザインの境界線やガラスとガラスの間を鉛や真鍮、ハンダなどの線で表現するものです。 このケイムの使い方でステンドグラスは上品にも野暮ったくもなってしまいます。 止むを得ずガラスのカットが…

「日本のステンドグラスの歴史を大切に残したい!」の件

ステンドグラスのさらなる普及を考えるなら、ステンドグラスが単なるキレイなインテリアというだけでなく、文化的にも価値のあるものと認められる必要があると思います。 今でも芸術的な価値は認められてはいますが、もっと広く深くその価値を認められて欲し…

「このブログのタイトルについて」の件

今回はこのブログ「ステンドグラスのある日日(ヒビ)」というタイトルについてです。 何だか意味のあるような無いような、中途半端な名前についてご説明いたします。 そもそもこのブログは「ステンドグラスをもっと日常に普及させたい、ステンドグラスで世…

「ステンドグラスを自分で作るのは大変⁉︎それでも、、、」の件

極々一般的な人の場合、ステンドグラスに対してこんな流れになると思います。 ステンドグラスを見る ↓ そのキレイさに感動する ↓ もっと見たくなる ↓ もっと見る ↓ 自分で作ってみたくなる ↓ ネットで調べる ↓ どうやら手軽にはできなさそうと分かる ↓ 自作…

「ステンドグラスといえば、あの作品!」の件

みなさんはステンドグラスといえば、どの作品を思い出しますか? 私の場合は、なんとなく、なぁんとなく、海外の教会にあるような宗教的ステンドグラスならボンヤリ思いつきますが、具体的にこの作品というのはまったく思いつきません(涙)。 そうなんです…

「町おこしに最適⁉︎ ステンドグラスで地域活性化! その2」の件

「町おこしに最適⁉︎ ステンドグラスで地域活性化! その1」では、まだステンドグラスで地域活性化をしているところはないという現状をお伝えいたしました。今回の「その2」では実際にどんな地域が向いているのかを考えてみます。 www.stained-by-me.com ステ…

「ステンドグラスが語りかけてきた その5」の件

ステンドグラスが語りかけてきた。 キミたちはいったい何を共有したいんだい? 寂しさ? 幸せ? 時間? 心? 場所? 趣味? 怒り? 思い出? 食事? 記憶? 感情? 仕事? 温かさ? 喜び? 悲しみ? 感謝? 言葉? 恋愛? 情熱? 音楽? 感情? 健康? 孤独…

「ステンドグラスが語りかけてきた その4」の件

ステンドグラスが語りかけてきた。 このことをいつか誰かが映画にしてくれるかもしれないね。 その時に笑顔で映画館に観に行くためには、 どうしても今を生き抜かなきゃいけないんだよ。 なぁ、分かるだろ?

「ステンドグラスが語りかけてきた その3」の件

ステンドグラスが語りかけてきた。 今いるべき場所は人それぞれ。 今やるべきことも人それぞれ。 でも今のみんなの目的は同じだ。 達成に向けて、それぞれの場所で、 それぞれのことにベストを尽くそう。 なぁ、分かるだろ?

「ステンドグラスが語りかけてきた その2」の件

ステンドグラスが語りかけてきた。 誰かが「未来は元気だよ」って言ってる。 そりゃそうだ。 だってキミたちがこれから、ここから作るんだもの! なぁ、分かるだろ?

「ステンドグラスが語りかけてきた その1」の件

ステンドグラスが語りかけてきた。 今まで経験したことないことが起きてるって? 何言ってんだ、今までだって、未来っていうのは 「今まで経験したことがないこと」だったじゃないか! なぁ、分かるだろ?

「ステンドグラスを2枚重ねた作品ってある?」の件

通常ステンドグラスは一枚の作品です。 建具として使う際には、実用性を考えて普通の窓と合わせて二重窓にすることもあります。 さらに、ライトカバーやペン立て、テラリウム向けの作品などは立体的な作品もあります。 そもそもステンドグラスはガラスをカッ…

「楽譜をステンドグラスで表現すると」の件

ステンドグラスにはガラスの性質上、作成が難しいデザインがあります。 たとえばウズマキ。 ナルトや蚊取り線香のようにグルグル回るデザインにガラスをカットするのは至難の技。 どうしても作りたい場合は、ある程度のところでカットしてケイム(黒い鉛の線…

「ちょっと変わったステンドグラスたち その1」の件

「ステンドグラス」と言われて、皆さんがパッと思い描くステンドグラスとは、どのようなものでしょうか? おそらく外国の大聖堂にあるような、聖書の一コマやキリストをテーマにして、色とりどりのガラスを使い、見上げるほど大きく荘厳な作品ではないでしょ…

「ただいま作成中のテーマ」の件

ただいま作成中のテーマを書き記していきます。 デモテープに仮歌を入れてる状態とでも言いましょうか。 いつ発表になるか、ちゃんと記事になるのか、このままなくなってしまうのか、、、。 その辺りも含めてお楽しみに。 ・「日本と外国のステンドグラスの…

「こんな時代だからこそステンドグラスができること」の件

生活に彩りを 太陽の光、月の輝きは、誰にでも、どこにでも降り注ぐ 曇りの日も雨の日もある 耐えなきゃいけないこともあるだろう 光だっていつも同じように射すとは限らない それでも下ばかりを向くのではなく、嘆きばかりを口にするのではなく、希望の光を…

「これから人気爆上がりのステンドグラスはコレだ!」の件

一般的にステンドグラスというと色とりどりのガラスを使用したカラフルなものというイメージがあると思います。 しかしすべてのステンドグラスが色付きのガラスだけを使用してるかというと、そういうわけでもありません。 色のついていない透明なガラスを組…

「子供たちにもステンドグラスの楽しさを!パート2」の件

「子供たちにもステンドグラスの楽しさを!パート1」では、子供の頃から本物のステンドグラスに触れて、興味を持って親しんで欲しい気持ちを書きました。 そしてそのためには「種まき」が必要ということで、本物のステンドグラスを見て、そこで感じたことを…