ステンドグラスのある日日(ヒビ)

ステンドグラスを中心に日日を彩るガラス製品を紹介。ステンドグラスがもっと身近になることを祈りつつ、ステンドグラスの未来を明るく考えるブログ。

「ステンドグラスはオシャレですか?」の件

ズバリ聞きますが、あなたはステンドグラスをオシャレだと思いますか? 私はステンドグラスは好きですが、「ステンドグラスなら何でもオシャレだ!」とも思いません。

自分には優れた美的センスがあるわけでもなく、何の美術的芸術的な裏付けもありません。でも見ていて心惹かれる作品がたくさんある一方で、自分にはピーンとこないステンドグラスもあるのです。自分では作品を作らないので偉そうなことは言えないのですが、「これはちょっとなぁ、、、」と思うこともあるのです。

ランプのステンドグラス
こういう使い方は好きです。

そもそも私は芸術というものはその作品を「自分が好きか嫌いかで判断しても良いもの」だと思っているので、基準は自分自身の好みで良いと思っています。他の人がこれは素晴らしい作品なんだと思っても、自分が全然心ときめかなかったら自分には価値はありません。逆に他の人がケチョンケチョンにけなした作品でも、自分が「コレはイイ!」と感じれば、それは自分にとって価値あるものになるのです。

ではどういったステンドグラスがお気に入りなのか。私の好みはいくつか条件があります。例えば「色が薄めのガラスを使っている」、「サイズが大き過ぎない」、「幾何学模様的なデザイン」、「デザインが凝り過ぎてない」、「ガラスに模様がついている」、「ケイムの直線とカーブのバランスが良い」、「ケイム(鉛線:ガラスとガラスの間の線)が細め」などです。 ちょっと感覚的で分かりにくいところもあるかと思いますが、おおよそこんなところです。なので外国の教会にあるような大きくて色もはっきりしてっていう典型的なステンドグラスは、すごい作品だなとは思いますが、見てると目がチカチカして、ずっとは見ていられないのです(涙)。同様に 日本のステンドグラスでよく見るような、シンプルな花と葉っぱや、蝶、ブドウなどのデザインでケイムが太く、色が濃く透明感のないガラスを使ったステンドグラスなども、私の好みからは外れます。

自分の好みを具体的に挙げると例えばこんな感じでしょうか。

扉についてるステンドグラス

カラフルなステンドグラス

薄い色のステンドグラス

丸いステンドグラス

さっき挙げた自分の好みから外れてるものもある⁉︎まぁそこはご愛嬌ってことで。これはあくまで私個人の主観なので、私の好みから外れたステンドグラスにも評価の高い、素晴らしい作品がたくさんあります。評価される作品には美術的芸術的技術的歴史的裏付けがしっかりあることは理解しており、もちろん私の好みなんか全く関係ないということも理解しております。

さて、あなたはどんなステンドグラスが「オシャレ」だと思いますか?ご自身の好みを頼りにお探しください。